2009年5月29日金曜日

春の火災避難訓練

 今日の6時間目は春の火災避難訓練でした。
 家庭科室から出火したとの想定。非常ベルと放送の指示で避難開始です。全校生徒数が100名余りなので、動きもスムーズです。
 全員校舎から無事に避難したところで、消防署の方から講評をいただきました。



 その後、消火器を使っての初期消火訓練。



 札幌近郊の高校で学校祭開催中に火災があったのは何年前だったでしょうか。災いは忘れた頃にやってきます。備えあれば憂いなしですね。

2009年5月28日木曜日

技術競技大会

 今日は農業クラブ主催の校内技術競技大会が行われました。



 専門教科の学習と農業クラブの活動で得た、農業と観光に関する知識・技術について競い合う大会です。その内容は農業鑑定、観光鑑定、ワープロ、挨拶、接遇用語、ベッドメイク、農業、作物等多岐に渡っています。

 ワープロ競技。生徒たちの表情は真剣そのもの。



 鑑定競技。これまで学習してきた知識が試されます。



 ベッドメイク競技。観光リゾートコースの生徒が対象です。ニセコ高校では校舎内の観光実習室にホテルのツインルームや和室を再現し、本格的な実習を行えるようになっています。




 農業競技。農業科学コースの生徒が測量にチャレンジ。



 先日行われた意見発表大会同様、上位者は南北海道大会への出場権を獲得します。このような行事を体験できるのも、緑地観光科を設置しているニセコ高校ならではですね。 

2009年5月27日水曜日

ブカツ!

 ニセコ高校は全校生徒107名の小さな学校なので、部活動の数はそれほど多くありません。体育系はバレーボール、バスケットボール、卓球、バドミントン、スキーの5部活動、文化系はワープロ、パソコンの2部活動です。 でも多くの生徒が部活度に入って熱心に活動しています。
 これはバスケットボール部の練習の様子。



 放課後の体育館は笑顔でいい汗を流している生徒たちでいっぱいになります。

 体育系の部活動はもうすぐ地区大会。ニセコ高校は定時制(といっても日課は全日制と全くかわりません)の学校なので、定体連に加盟しています。今年度の定体連後志地区大会は6月6日(土)です。がんばれば全国大会出場も夢じゃない!

2009年5月26日火曜日

校内意見発表大会

 ニセコ高校は緑地観光科の高校で、日本農業クラブ(FFJ)という団体に加盟しています。今日は農業クラブの校内意見発表大会が行われました。各学年から選抜された代表者4名、計12名がそれぞれの主張を熱く語りました。


  
 上位2名は、6月29~30日に酪農学園大学で開催される南北海道大会への出場権を得られます。結果発表は後日!

 なお、外部審査委員として後志農業改良普及センターの二俣直人様にご来校いただきました。また、ニセコ町の篠原教育長にもご臨席いただきました。ご協力ありがとうございました。

2009年5月25日月曜日

新学校給食センターが完成しました

 ニセコ高校は町立の学校なので、小学校・中学校同様に給食があります。おいしい給食を食べることができるのもニセコ高校の魅力の一つ。

 給食はニセコ町の給食センターで作られているのですが、昭和44年に建設された現在の施設は38年が経過して老朽化が進んだため、今年新しい給食センターが建設されました。

 先週の木曜日に、完成した新給食センターの見学会があったので参加してきました。





 内部は新しい機器で文字通りピカピカと輝いていました。
 稼働はもう少し先ですが、最新の設備で小学校から高校まで約500食分の給食が作られます。これからもおいしい給食をお願いしま~す!

2009年5月22日金曜日

進路講話

 今日のニセコは昨日とは一転して雨。花たちにとっては恵みの雨です。



 3年生は午後から進路講話を受講しました。
 主催は社団法人北海道雇用開発協会で、株式会社日本マンパワーの松田氏にご来校いただき、進路についてさまざまなお話をしていただきました。進路目標の実現を控えた3年生の表情は真剣そのもので、松田氏のお話に真剣に耳を傾けていました。





 
 

2009年5月21日木曜日

苺の苗を植えました

 今日のニセコはとても良い天気。気温も上がって初夏のようです。

 農業科学コースの2年生が実習で苺の苗を植えました。 土を盛ってマルチ(黒いビニールシート)を敷き、苗を植えこんでいきます。 羊蹄山がきれいです。





 真赤な、大きな実がつきますように!



 今日の2年生は大活躍。 午前中の苺の苗の植え込みに引き続き、午後は2年生全員で裏庭の花壇に花の苗の植え込みを行いました。



 花壇は3つあり、それぞれに赤サルビア、青サルビア、そしてマリーゴールドを植え込みました。 気温が30度近くまで上がり、生徒たちは「暑い~!」、「腰が痛~い!」などと悲鳴を上げながらも、とても良い表情で作業にあたっていました。

2009年5月20日水曜日

小学生がやって来た!

 今日はニセコ小学校の1年生がニセコ高校にやって来ました。
 朝顔を育てる体験学習のお手伝いをニセコ高校が担当しているのです。5月11日に播いた朝顔の種が芽を出したので、今日はそれをポットに移す作業をしたのです。




 作業が終わった後は、生育状況をスケッチ。 農業科学コースの3年生がサポートに当たりました。




 ニセコ高校は町立の高校なので、このような連携もスムーズに行われています。

2009年5月19日火曜日

有島武郎記念館の花時計

 「或る女」、「カインの末裔」、そして「生まれ出づる悩み」などの作品で知られる小説家有島武郎は、ニセコ町ゆかりの作家です。 町内にある有島武郎記念館の館内には、写真、書簡、書、絵画、初版本などが展示され、有島武郎の生涯と文学、農場の解放の軌跡などについて知ることができます。




 記念館の前庭は公園になっており、パンジーに彩られた大きな花時計があります。この花はニセコ高校の2年生38名と、農業科学コースの3年生6名が授業の一環として植えたものです。花時計は有島農場の当時の面影を残す周囲の風景に彩りを添えています。 




 植え込み作業の様子は5月14日(木)北海道新聞でも紹介されました。

2009年5月18日月曜日

笑顔満開

 今日はあいにく雨の朝でしたが、天候は午後から回復しそうです。

 先週の土日に行われた花と野菜の苗の販売には、町内外からたくさんの方々に来ていただきました。 「ニセコ高校の苗は丈夫で良い」と、毎年買いに来て下さる常連さんもいらっしゃいます。 ありがとうございました。

 さて、今日は一年生の授業の様子を紹介します。新学期から一か月余りが過ぎ、一年生は学校にも慣れて元気に学校生活を送っています。授業にも明るく、精力的に取り組んでいます。



 一年生の学級テーマは「笑顔満開」です。

2009年5月15日金曜日

花と野菜の苗の販売が始まります!



 ニセコ高校では、丹精込めて育てた花と野菜の苗を明日(16日)から販売します。
 花はパンジー、サルビア、マリーゴールド、バーベナ等。 野菜はトマト、ピーマン、ナス、レタス、トウガラシ、シシトウ等です。  スイカやメロンの苗もありますよ。