2011年10月31日月曜日

マレーシア見学旅行 2日目

 今日は市内の見学研修から。まずは王宮。



 レイク・ガーデンにある国家記念碑。



 国立モスク。女子は全員ケープを着用。



 独立記念広場。道路を挟んで建っている旧連邦事務局ビルの時計塔は、KLCCツイン・タワーができるまではマレーシア観光の「顔」でした。



 ロイヤル・セランゴールでピューター加工体験学習。修了証書もいただきました。



 ようやく昼食。「マルコポーロ」で飲茶。



 午後も精力的に見学。副都心プトラジャヤに移動し、タマン農業公園で熱帯植物の学習。「これはアブラヤシです」と、日本語が堪能なガイドの楊(ヤン)さんがわかりやすく説明してくれているシーン。



 そして、プトラ・モスク(ピンク・モスク)。



 空模様が急に怪しくなり、この後ものすごいスコールに襲われました。雨季のマレーシア、雨具は欠かせません。



 クアラルンプールに戻ったときには雨も上がっていました。夕食会場のサロマ・シアター。



 ビュッフェ・スタイルでマレー料理を楽しんだ後は、舞踊ショウを観覧。



 ステージに上がって、ダンスのミニ・レッスンも受けました。



 今日は盛りだくさんの一日でした。全員元気ですごしています。

2011年10月30日日曜日

マレーシア見学旅行 1日目

 2年生がマレーシア見学旅行に出発!
 今日はほとんどが移動日。千歳から成田に飛び、成田からクアラルンプールへ。



 機内食。



 空港からバスに乗って約1時間、クアラルンプール都心部へ。クアラルンプール国際空港は都心からの遠さでは世界2位なのだそう。ちなみに1位は成田。



 夕食は客家レストランでスチーム・ボート(寄せ鍋)、豚角煮饅頭、春巻き、チャーハン。ボリューム満点で満腹!





 KLCC(クアラルンプール・シティ・センター)のツイン・ビルがよく見えるスポットで記念撮影。



 長旅でくたびれましたが、体調を大きく崩す者もなく、まずまず順調な滑り出しです。
 明日はクアラルンプール市内観光です。

2011年10月28日金曜日

見学旅行結団式

 金曜日です。今週もがんばったみなさんは、気持ちよく今日の日を迎えることができたと思います。よかったですね。きっとすばらしい週末になると思いますよ。

 さて、今日は2年生の修学旅行結団式がありました。



 30日(日)の朝、マレーシアに向かって旅立ちます。現地のホテルスクールの生徒さんとの交流も計画しています。楽しみ!
 現地からの「ニセコ高校日記」のアップも計画しています!!


 そして、いつもおいしい給食(感謝!)ですが、今日のは特においしいの声が多かった。ビビンバです。きのことエビのスープもショウガが効いていておいしかった!



 変身前(カトラリーで遊んではいけません)。

2011年10月27日木曜日

保育に関する実習

 ネットで調べ物をしていたら、すてきな言葉を見つけました。

 No rain, no rainbow.
 雨が降らなければ、虹は出ない。
 ニセコの天気は回復傾向です。

 さて、今日はニセコ町幼児センターにおじゃましました。



 1年生の家庭科、「保育に関する実習」です。妊婦さんや0歳児のお母さんと交流しました。
 3つの班に分かれて、妊婦さんたち・お母さんたちと交流。



 命名の由来や、子育ての苦労話などを伺いました。

2011年10月26日水曜日

校庭の落ち葉

 今日も天気が悪かったニセコ。
 校庭は落ち葉だらけ。晴れた日も、そして、今日のような雨の日も、校務補さんが落ち葉を集めてくれています。感謝です。





 下界は雨ですが、アンヌプリは雪で再び白くなりました。少しずつ寒さが増してきています。
 寒くなると恋しくなるのが温かい食べ物。今日の給食はおでんでした。

2011年10月25日火曜日

長崎へ

 秋らしい、といえば秋らしいのですが、天候不順のニセコです。今朝は雨が止んだ後に虹が出たのでデジカメで撮影してみたのですが、全然きれいに写りませんでした。





 前田円香と成瀬真衣(ともに3年)が、長崎県で開催される農業クラブ全国大会(農業鑑定競技)に向けて今朝出発しました。健闘を祈る!

2011年10月24日月曜日

秋の避難訓練

 今日の6時間目に避難訓練を実施しました。今回は大きな地震が起きたという設定。
 放送の指示に従い、まずは机の下に隠れて身の安全を確保。





 揺れが収まったら校舎の外へ避難。



 羊蹄山麓消防組合ニセコ町消防支署署員の方から講評をいただきました。廊下での整列に時間がかかった点を指摘されました。
 あの大震災から半年、「天災は忘れた頃にやってくる」という言葉もあります。訓練とはいえ真剣に、全力で取り組むことが大切だと再認識しました。




 

2011年10月21日金曜日

熱烈歓迎!

 今日は札幌国際大学との高大連携事業の一環として、21世紀東アジア青少年大交流計画で来日している中国海南省の高校生二十余名を本校にお招きしました。

 午前中は本校生徒がボランティアガイドとなり、ニセコ町内ツアー。ニセコ甘露水で有名な坂本公園、東山地区のミルク工房、近藤地区のダチョウ牧場などをガイド。高校に帰ってきてサツマイモの収穫体験なども行いました。

 給食も食べていただき、午後は本校生徒との交流会。





 本校生徒は2年生がよさこいソーランを披露。



 そして、恒例となりつつある「TEAMほたる」の太鼓演奏。新メンバーが加入しています。



 中国人高校生は歌と踊りを披露してくれました。



2011年10月20日木曜日

ニセコ町役場・公民館 花壇の片付け

 昨日の2年生に続き、今日は1年生が学校裏庭とニセコ町役場、そして公民館花壇の後片付けをしました。





 実習をしながら、ニセコ町に貢献し、町民のみなさんに喜んでいただけるなんて、一石二鳥ならぬ、一石三鳥です。感謝です!









 今日も文句のつけようのない快晴です。お天道様が優しく見守ってくれます。1年生もついてます!

2011年10月19日水曜日

有島記念館 花壇の片付け

 秋晴れです! 羊蹄山にかかっている傘雲以外、雲一つ無い青空です。2年生、ついてます! お天道様が味方です。



 2年生が有島記念館の花壇の片付けを行いました。





 花時計も。回ってくる秒針に気をつけながらの作業です。TVでこんなゲームやっていたなあ。



 有島先生も秋の陽光を浴びて気持ちよさそう。