2014年10月24日金曜日

秋季避難訓練

秋の避難訓練はニセコ町総合防災訓練と連動して行われました。

後志地方で震度6強の地震が発生、原子力発電施設に被害が出たという想定。

ニセコ町は原子力発電所3基を持つ泊村から直線距離で30キロ以内に位置しており、UPZ(緊急時防護措置準備区域)に指定されているので、真剣に取り組みます。



まずは安全行動。

机の下に隠れて頭部を保護。
 
 

放送の指示で体育館に避難。
 
全員マスク装着!
 

備えあれば憂いなし!